• Facebook,ロゴ
  • Instagram,ロゴ

サービス

Service

リペア

御入庫後、まずは損傷箇所の確認、作業のプランニングをし、作業に必要なパーツの取り外しを行い脱着部品を保管しておきます。その後損傷箇所の修理作業に取り掛かるのですが、ここの作業は完成度に大きくかかわるため、熟練の職人が的確に最小限で収めて作業することが必要となります。様々な道具と技術を駆使し、変形してしまった箇所を復元し交換が必要なパーツは本体に一度取り付け、何度も調整をし少しずつ元の形に復元していきます。最後にミリ単位のひずみを何度も確認しながら抜いて調整をして塗装作業へと移ります。

リペア
カーディティリング

カーディテイリング

メンテナンス

板金作業が終わると、こちらも熟練の職人が側色機を使いベースとなる色を作り、最後は職人の経験により微調色を行い、現車に限りなく近いベースコートを作ります。その後、下地作業や、作業漏れが無いかを確認しマスキングした後、ベースコート、トップコートの順に塗付して、乾させた後、ポリッシングによって艶出し、仕上げ作業を行い取り外したパーツを取付けて完成検査を行います。

メンテナンス
プロテクションフィルム

スピードの出るお車だからこその、飛び石対策!気分によって気軽にイメージチェンジ!使い方無限大のプロテクションフィルム!!

透明フィルムは飛び石から大切なお車を守るために!色を付ければ保護機能だけでなく気分転換やイベント用、大切な送り迎えのコーディネートに最適です。プロテクションフィルムは塗装するのに元に戻したくなったらすぐに元通りに戻せるという機能性、パフォーマンスに優れた次世代ラッピングです。

お車全体はもちろん、一部の部分施工も可能ですので、お気軽にご相談ください。

プロテクションフィルム
ボディーコーティング

大切なお車の価値をいつまでも保ち続けるためにボディーコーティングの施工をお勧めいたします。

ボディーコーティングとは、車両のトップコートの上に薄い被膜を張り、車両の塗膜を保護するために施工するものです。新車時はもちろん、表面が少しくすんでしまった車両にも、コーティングをすることで輝きを増し、さらに高級感がましまた、糞害や酸性雨からも車両を守る役割を担います。

コーティングには様々な種類があり、大きく分けてガラス系とポリマー系に分けられ、それぞれ耐久性が異なります。当社施工の場合、ガラス系は5年程度、ポリマー系は3年程度となりますが保管状況によって異なりますのでご了承ください。